FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUZZとか。。

そしてそして、、
まおっこさん☆
フリーペーパーのBUZZ
、、の記事抜粋ありがとうございます!!

野田地図で演技できる喜び、、
野田地図で評価される喜び、、

その重みとか使命と言うか、凄さと言うものを真央ちゃんは実感していたからこそ、

絶対、、真央ちゃんは、私が想像も出来ないくらいの緊張感の中で
努力を重ねていたんだろうな。。
ーーーーーー

「すべての俳優はふたつに分けられる。
野田秀樹の舞台にきちんと立てる人と、そうでない人に」・・・
・・・・・・

そして瑛多と井上真央は、3年前のMIWAでNODA MAPに初参加した二人だが、どちらも見巧者をうならせた。
美輪明宏氏の半生を縦軸に、
第二次世界大戦からの日本の復興、芸術家と周辺の人々、
少数派の矜持、宗教などの問題を色鮮やかに絡ませた同作で、
瑛太は、物語に踊らずしっかりした軸を内面に持ち続けて宮沢りえ演じる主人公を受け止め、

また井上は、瞬間的に変わるストーリーの波頭を次々と捉えて乗りこなし、上演では語られない時間を彼女の身体の中に宿らせていた。

どんなに映像でいい演技を見せても舞台では光らない俳優もいる中で、
ふたりは「どちらもできる」俳優であることを証明したのだ。
・・・・・              (文 徳永京子)
スポンサーサイト

観劇の感想ありがとう!!

いつもコメント下さるまおっこさんが、2月直ぐに観劇されて。
早速コメント頂いてました。
遅くなりましたが、是非とも紹介させてくださいませ。。

ーーーーー
真央ちゃん、声がよく通るし聞きやすいし
くるくる表情が変わって、テンポ崩さず、、とにかく素晴らしかったです

松さん、すごい!美しい!
瑛太さんも声がよく通る!
阿部さん、相変わらず面白いし笑わせるし泣かせるし、芸達者!
ただ、声がかれてたので、少し心配になりました
真之介くん、真央ちゃんとの絡みの芝居も多くてワクワクさせてくれました

言えるのは・・
野田MAPは、実力派の役者さんしか出れないな、って実感
野田さんは天才です

上手にレポできないけど

カーテンコールで、真央ちゃんの表情が少し固かったのですが
何回目かのときに、松さんと顔を見合わせてニッコリしながら二人で
軽くハグ(*^。^*)
松さんに甘えるように寄り添ってく真央ちゃんが可愛かったです(^.^)
途中、真之介くんにもぶつかりながら笑ってました
松さんは、舞台はけるときに成志さんの肩に手を置いて楽しそうでした

いい空気の中で、最高の舞台を作り上げてくれたスタッフ・キャストさんたちに何度も大きな拍手がありました

感動で、今日は寝れないかな~(^.^)
まず、りいさんと真央ちゃんファンに報告したくてお邪魔しました(^.^)

ーーーーー

あぁ、ステキですね、、
さすが野田地図ですし、いたるとこで真央ちゃんやキャストさんの演技の素晴らしい評価を目にして、、嬉しくてたまりません\(^o^)/

私は3月\(^o^)/

ルンルン\(^o^)/

明日シアターガイド(≧∇≦)b

えっと、、感謝の言葉。。
コメント欄、、
キースさん☆
Rさん☆
梨の木さん☆
sumireさん☆
そしてそしてまおっこさん☆
年をまたいでの感謝感謝のお返しも有りでごめんなさい。。。
、、、本当にありがとうございました!!

花燃ゆ、、は今でも思い出しては『真央ちゃん、凄いな~(*´ω`*)』って思っています。
たくさんの事を学べた良い作品だったな~って、、
思い出しては嬉しくて。
そんな中で今は野田地図でしょう??
ホンマに凄いよね。


で、、、。

シアターガイドさんの記事から、、。

明日、発売だね!!
買うよ~絶対買います!
楽しみ!!
ーーーーーー
2016/1/29
松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ出演 NODA・MAP『逆鱗』が開幕




野田秀樹が作・演出を手掛けるNODA・MAP最新作『逆鱗』が、本日29日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕。
その初日公演に先立って、公開舞台稽古が行われた。


物語は、イルカショーならぬ“人魚ショー”を立ち上げようとする海中水族館を舞台に展開。


人魚と出会う青年モガリ(瑛太)や人魚を引き揚げる“潜水鵜”となるサキモリ(阿部)の物語と、松扮する人魚により語られる昔話が、時間と空間を超えて交錯していく。水族館と海底を行き来してスピーディーに展開される舞台で、キャストたちが緩急自在に巧みな掛け合いを繰り広げる中、やがて、彼らの物語は、水族館館長(池田)や、人魚の秘密を探ろうとする研究者・鵜飼ザコ(井上)らの思惑を絡めながら、深い深い海の底へと潜り込んでいく……。

東京公演は、3月13日(日)まで。その後、大阪・シアターBRAVA!、福岡・北九州芸術劇場 大ホールでのツアー公演が行われる。前売は残念ながら全日程完売となってしまったが、全日程当日券は用意されるとのことだ。

なお、2月2日(火)発売の本誌「シアターガイド」3月号では、巻頭特集で本作を紹介している。松、瑛太、井上、阿部が顔をそろえた座談会と、野田のインタビューから作品に迫る内容となっている。公演と併せてぜひ本誌もチェックしていただきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。