FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい感動の打ち上げ

2015/10/29 の、、
伊藤慶徳さんのブログに真央ちゃんコト。

______________________

ちょうど一週間前ですが、大河ドラマ「花燃ゆ」の打ち上げに、
美斉津社長、同じ事務所の健太さん、渡部さん、松原さんと参加させて頂きました

素晴らしい俳優陣、監督、スタッフの皆さんが1人1人壇上で話し、素敵な打ち上げでした

末永監督や渡邊監督とも再会出来て嬉しい限りでした

主演の井上真央さんは、最後にスタッフさんが壇上で話され、
降りてくるスタッフさん1人1人に立ち上がって、御礼の挨拶をしてました

色んなプレッシャーを抱えてこの一年間をやりきった感謝の思いだったんだと思います
素晴らしい感動の打ち上げでした
自分もまたここに帰ってこれる様に、今日からまた精進していきます

________________

有り難いです。。
スポンサーサイト

子どもの感性は宝もの、、☆

花燃ゆ 亀さん役のブログから、、
素敵な親子ですよね、癒されました。。
真央ちゃんが「感性を宝物」と表現する言葉の選択に、、キュン!!

一緒に花燃ゆを観た後、、
あずきちゃんが「前世のママが小太郎を亡くしたと思っているみたいで、
今世では自分が生まれてくるからそんなに悲しまないで」と言うと。。


「井上真央ちゃんにもこの話をしたら
本当にあずきちゃんの感性を宝物だと言ってくれました
嬉しいなぁ~。」

ですって!!

ほのぼの、、私もうれしいな~。。

花燃ゆアップ 番外~伊勢谷さん☆

吉田松陰の伊勢谷さん、、
インタビューでこんなふうに言ってくださってたんですね。


日刊スポーツ 10月21日 14時6分の記事から。

ーーーーーー

 大河ドラマ「花燃ゆ」について、
「いろいろ言われました」
と振り返った。


 伊勢谷は21日にツイッターで
「『花燃ゆ』いろいろ言われました」
と明かしたが、作品については
「戦いを描かない大河は、もしかしたら初めての試みでした。その心意気!」
と思い入れを明かした。
また、戦争を描かない内容について、
「物理的な戦いで解決できる平和は無い。それが真実。草莽崛起(※そうもうくっき)が、社会を作る時代。草莽は平和を望むが、自分の命が惜しい。それが現代。新しいビジョンの為の第一歩たるべくした挑戦でした」
と、現代社会へのメッセージが込められていることをつづった。

花燃ゆアップ番外 ~ 記者目線

チョット思い出して。。

こんな記者目線の記事もあったね。。

でもね。
、、絶対泣かない!!といつもいつも決めてる真央ちゃんなんだよね。。。
それは、クランクアップはきっと、、真央ちゃんにとって、花より男子作品も花燃ゆも一緒なんだよね。

つらかったのを思い出して泣いちゃった、、とかそんな単純な事でなく。
もっと深い部分、、
大きな作品の座長としての責任。
たくさんの励まし。
笑顔、愛情、信頼。。
それが実感出来るからこそ、、彼女は涙が出せるんだよね、、きっと。

井上真央は、、うん、すごい人。
ステキな女優さん(*˘︶˘*).。.:*♡

ーーーーーー

過度の重圧に打ち勝ち成長した井上真央が、つい涙したワケ
スポーツ報知 10月15日 11時33分配信


 女優・井上真央(28)が主演を務めたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のクランクアップ会見に出席した。
こういう種類の席に涙はつきもの。
実もフタもない言い方をすると、取材陣も手ぐすね引いて「泣き待ち」をするのだが、なかなか涙を見せることはなかった。

 「しっかりした女性を演じたのだから、最後まで絶対に泣かない」と心に決めていたのだと思う。

おそらく泣かせるために局側が用意したであろう「1年にわたる収録の名場面集」がスクリーンに写し出されても、大量の花束を関係者から渡されても、共演者から感動的なねぎらいの言葉をかけられても、である。

 そんな井上が思わずこみ上げてしまった瞬間があった。自らのスピーチで「いろいろ厳しい意見も聞こえましたが…」と切り出したときだ。

声に詰まり、どんどん涙があふれる。

「泣き顔、撮らないで~」と冗談めかしてごまかすのが精一杯になってしまった。

 そこで私はひしひしと実感してしまった。
「花燃ゆ」の撮影から1年あまり、井上が一番苦しかったのは、「花燃ゆが視聴率でマスコミに騒がれ続けた」ことだったのだ。

4月の会見では「主演の私の力不足ですとしかいいようがない」と言及したこともあった。
個人的には少女時代から大人への成長する姿への演じわけた井上の演技は見事だったと思うが、本人はその責任を一身に背負って過ごしてきたのだ。

 一方で、今回の取材会では、批判に負けない心の強さを表した言葉もあった。

「私にできることは、誰に何を言われても堂々と立っていること、現場で笑っていることだと思っていた」
「評価される言葉よりも、(みんなで)励まし合う言葉の方が、自分にとっての宝物だった」―。

私も何回か井上の会見に出席したが、見るたびにその言葉には力強さが宿っていった気がする。

 過度の重圧を経て、打ち勝っていく過程こそ「成長」というものなのだろう。

過度の重圧も打ち勝ってもいない私なのだが、井上のスピーチに詰まっていた成長要素だけは、我が身に迫るように感じ取ることができた。

真央ちゃん。。(≧∇≦)b

いただきものの一部ですが、、
真央ちゃん、ステキです٩(♡ε♡ )۶

スポンサーさんのイベントから。。

花燃ゆ42話

昨日は観れなかった花燃ゆを、今観てます。

42話!!
群馬に入ってのストーリーは今回関連本とか読めてないので(しっかり買ってるけどね笑)
よけいにワクワクしてます。

歴史もさることながら、、
美和がどのように再婚していくのか、
気になります。

美和
『年月をともに過ごすからこそ互いを思い合って、、それが夫婦なんですね』


うらやましいって言う美和~、、(T_T)

そしてそして、
敏、、(T_T)
母と美和の二人で泣くシーン。。
特に母上の号泣シーンはとてもとても心に響きました。
檀ふみさん、さすがでしたね!


先の読めないストーリーが面白すぎます。
色々なことが作られ基盤となっていく時代。。

あ、そうだ!
吉田松陰の脇差しがあんな形で渡米するんですね。
本物の人は、本物の志を持っている人かどうかが分かるんやろね。。
すごいね(*˘︶˘*).。.:*♡

花燃ゆアップ15 ~ ザテレビジョン

「花燃ゆ」井上真央撮了!兄が、夫が駆け付けた!
ザテレビジョン
2015年10月15日 2時46分

撮影後には、セット内で、クランクインから撮了までの軌跡をたどる思い出VTRが上映され、井上も懐かしそうな顔を見せる。

上映が終わると、スタッフから
「大河ドラマ『花燃ゆ』オールアップです!」
と掛け声が。井上が用意されていたくす玉を引くと、おびただしいクラッカーの音とともに、
「真央さんはみんなの心に咲く花でした」
とメッセージが書かれた垂れ幕が下りた。

こうして始まったクランクアップセレモニーには、
最終話まで撮影のあった原田泰造、
久保田磨希、
檀ふみに加え、
すでに撮影を終えていた伊勢谷友介、
東出昌大、森永悠希、
そして脚本を担当した小松江里子氏が駆け付けた。

物語序盤をけん引した美和の兄・吉田松陰役の伊勢谷は、
「長い間ご苦労様でした。僕のいたころは男だらけの撮影で、それでも我々にまったくひるむことなく率い続けてくれました。本当に大変な現場でしたが、ずっとこの現場の芯として立っていらして、作中で『志』をうたっていた自分が恥ずかしいくらい、心強い姿でした」
と井上をねぎらった。

美和の最初の夫・久坂玄瑞を演じた東出も、
「本当にこの時代の男は好き勝手やって、家庭を省みない人ばかりで…。その後も耐え忍び、戦いという美和の壮絶な生涯を演じる中で、ずっと頑張っていたのを見ていました。本当に、真央さんが中心にいたからこそ、僕らも精いっぱい(役の)生涯をまっとうできました。今後とも健康に気を付けて、ちょっとの間休んでください」
と温かい言葉を掛ける。

美和の母・杉滝役として井上を見守り続けた檀は、
「これほどみんなに尊敬され、信頼され、愛された大河の主演はいなかったと思います」
と絶賛。ところが、
「これからも私を母上と思って…私のおむつを変え、私を看取ってください」
と語りかけ、会場を爆笑させていた。

共演者たちの思いを受け取った井上は、「『花燃ゆ』は大河ドラマらしからぬ、“何も成し遂げていない人”が主人公です。私もきらびやかな姫をやってみたいなと思ったりもしたんですが、それも私らしいかなと(笑)。偉人ではなく、その裏で志を継いでいって、命を継いでいって、一生懸命に生きた人々や女性たちを描きたいという思いに心を動かされて、出演を決めました」
とオファーを受けた当時を振り返る。

続けて
「いろんな厳しい意見を耳にして、毎日のように泣いた時期もありました。私にできるのは、誰に何を言われても堂々と立っていること、現場で馬鹿を言って笑っていることくらいかなと思ってやっていました。でも、不安や葛藤、体調を崩したり、機嫌が悪かったりというのは、これだけの歳月を共に過ごすと簡単にばれてしまうものです。気付いた人が声を掛けてくれたり、甘いものをくれたり、好きなジュースをくれたりと励ましてくれました」
と撮影中の秘話を明かす。

そして最後は
「役者として力を付けて、私が支えてもらったように人を、作品を支えられるようになって、皆さんの前に堂々と立つことができたらいいなと思います。本当に感謝します。ありがとあんした!」
と作中のせりふで締めくくった。

その後行われた質疑応答では、
「『志』が作中のキーワードになりましたが、井上さんの新たな志は?」
という質問に、井上は
「(撮影を終えて)燃え尽きてしまうと思うんですよ、朝ドラの時もそうだったんですけど(笑)。これまで規則正しい生活をしていたので、明日からダメ人間にならないように、規則正しい生活をしたいです」
と目標を立てていた。

花燃ゆアップ 番外~三田佳子ブログ☆

いよいよ群馬に移り、またガラッと変わりますね!
今回の花燃ゆでは、チラッと三田佳子さんが出ましたね~メッチャ格好良かったです\(^o^)/
楽しみです!!

そんな三田佳子さんが、クランクアップの時にブログにアップしてくださってましたね\(^o^)/


きっと真央ちゃん、、三田さんからたくさんの宝の言葉もらっただろうな(*˘︶˘*).。.:*♡

ステキな出会い、、
ステキ方、、、
素晴らしい女優さん。。

ーーーーーー




佳子ブログBLOG
2015/10/9 10月9日
「花燃ゆ」クランクアップから。。

今日で、クランクアップ!!
スタッフが私の出演した大河ドラマの歴史をモニターで見せてくれて、思いもかけない事に感動して泣いちゃった(;_;)     この作品で、改めて大河ドラマの美術の凄さに感動しました。扮装してスタジオに入ると、自然に役に入って行く事が出来ました(^_^)v
タイトスケジュールでの撮影だったけど、井上真央ちゃんや立派になった大沢たかおさん達と共演出来て楽しかったですo(^-^)o
放送はこれからですが、上州の女の心意気を見てください!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。