FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もゆるんと☆

やっと真央ちゃんと登場(ノ´∀`*)

スポンサーサイト

バトンタッチセレモニー

CINEMATODAYさんより!





11月21日16時11分





岡田准一から「博多織の帯」を贈られた真央ちゃん

 21日、同局放送センターで、恒例の「大河ドラマ主演 バトンタッチセレモニー」が行われた。

 クランクアップでは万感の思いから涙を見せた岡田だが、この日は終始笑顔。

来年1月4日から始まる「花燃ゆ」の井上真央にバトンを引き継ぎ
「井上さんなら大丈夫」と太鼓判を押した。

また、
「歩く道すがら井上さんのポスターが貼ってあって、毎回、頑張っているかなと思って見ている」と気に掛けていることも明かし、
「場所やスタッフ、役柄、共演者に支えられることをありがたいと思いながら堅実にやられていくと思うので見続けていきたい」
とエールを送った。

 幕末の動乱を強く生き抜いた吉田松陰の妹・文を演じる井上は役衣装で登場し、
「いよいよなんだなと身が引き締まる思い」と胸中を告白。

たくさんの人が関わっていることにプレッシャーを感じているそうだが、
「楽しんでもらえるように引き継いでいきたい」と決意を語った。

そんな井上は以前、岡田から一年の間に心が折れる月があると聞いたそうで
「何月だったか忘れたので聞いておきたい」
と切り出すと、岡田は
「心が折れるとは言っていない」と苦笑しつつ、「だいたい2月くらいにしんどいときがある」と経験を踏まえてアドバイスしていた。

 ドラマゆかりの地にちなんだプレゼント交換では、岡田からは福岡・博多で770年あまり受け継がれてきた絹織物「博多織の帯」が、井上からは山口県の冬の味覚「ふく刺し」が贈られた。

井上は
「ステキな帯ですし、時代考証とかわからないですけれど、岡田さんの思いが詰まっているのでどこかで着けたい」とニッコリ。

岡田は、「まさかの生もの……」と戸惑いながらも、「おなかに入れたら消えてしまうので寂しい気持ちもありますが、新鮮な心が詰まっていてうれしい」と想定外のプレゼントを喜んだ。(取材・文:鶴見菜美子)


© 2014 CINEMATODAY Inc.

折れることなく☆


井上真央、岡田准一のアドバイスに「気をつけます」

2014-11-21 15:33:15 配信
モデルプレス


11月21日、NHK大河ドラマ主演バトンタッチセレモニーが東京・渋谷の同局にて開催。

岡田から井上へバトンが引き継がれたが
「岡田さんに聞きたいことは?」
と質問を受けると

「以前、何月かに『心が折れる』というお話を聞きました。それが、何月か忘れてしまったので、教えていただきたいです」
と照れ笑い。岡田は
「心が折れるというよりもしんどい時期があって」
と訂正しつつ
「2月ぐらいです」と明言した。

井上は岡田の経験から言えるアドバイスを
「気をつけます」
と真摯に受け止め、
「岡田さんの意思を引き継いで、2月に(心が)折れることなく、最後まで突っ走りたいです」
と意気込み。岡田は井上について
「共演したことがありますが、素晴らしい女優さん」
と激励し
「アドバイスを言える感じではありませんが、ゆかりの地の人々に愛され、応援をいただきました。場所やスタッフ、役柄に支えられると思います」
と自身の経験を語りつつ、エールを贈った。



心が折れるとき☆

岡田准一から井上真央へ! 大河の主演交代で“生もの”贈呈
ザテレビジョン 2014年11月21日 20時11分 配信



岡田准一から贈られた、博多織の帯を手にする真央ちゃん


NHK大河ドラマの主演“バトンタッチ”セレモニーが行われ、現在放送中の「軍師官兵衛」の岡田准一と、次回作「花燃ゆ」の井上真央がそろって出席した。

撮影がスタートしている井上は
「本当にたくさんの方が関わってるんだなと毎回感じます。山口のロケでもたくさんの方が応援してくださって」
と感謝の気持ちを述べた。

加えて
「以前岡田さんとお会いしたとき、何月かに心が折れるときがあるとおっしゃっていたと思うんですが…」
と尋ねると、岡田は
「いや、心は折れてないです(笑)。ちょっとしんどいなって時期が2月ぐらいにきました」
と回答。
しかし井上と共演経験(映画「永遠の0」で夫婦役)もある岡田は
「自分より長い撮影を経験されているすごい女優さんですから、井上さんなら絶対大丈夫。周りに支えられていることを感謝しながら、1年間誠実に演じきると思います」
と信頼を寄せた。

またセレモニー恒例のプレゼント交換では、岡田は「軍師官兵衛」にゆかりのある福岡の博多織で作った帯を贈呈。

井上は「花燃ゆ」の舞台である山口の名物・ふぐ刺しを差し出した。

井上は帯を腰に当てながら
「時代考証は分かりませんが、どこか(の場面)で付けられたら」
とコメント。

一方、岡田は大皿を抱えながら
「まさかの生もの(笑)。おなかに入れたら消えてしまうので寂しいところもありますが、次の大河の舞台に関することが知られて、おいしいものが頂けるのは幸せです」
と喜んだ。

高良くんと☆

スタッフダイアリー更新!

高良くんと、萩時代祭りのトークショーに。

おひさま、、思い出します(*´ω`*)


山口ロケ☆

真央ちゃん、スタッフダイアリー更新!

先週末に、家族に乾杯ロケで山口に!

鶴瓶さんとの楽しい会話が楽しみです(*´ω`*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。