FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメン☆劇団ひとりさん

nikkansportさんより。

イケメン大河「花燃ゆ」に劇団ひとり
[2014年7月12日7時28分 紙面から]

 NHKは11日、井上真央(27)主演の来年の大河ドラマ「花燃ゆ」の新たな共演者11人を発表した。吉田松陰の妹文(ふみ)の目を通して激動の時代を描く作品。

都内の同局で会見が行われ、松陰が開いた松下村塾の塾生で、後に初代総理大臣になる伊藤博文に、大河ドラマ初出演で抜てきされた劇団ひとり(37)らが出席した。

 既に伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大ら二枚目俳優の出演が発表されており、
ひとりは
「プロデューサーから『今回はイケメン大河ですから、イケメンにしか出演をお願いしません。なのでお願いした』
と、半笑いで説明された」と不満顔。
当初は「自分でいいのか」と思ったが、スタッフから「伊藤はああ見えて、意外とチャラチャラしているのでピッタリです」と言われ、出演を決めたと言って笑わせた。

さらに会見で
「伊藤は頭がよくて人に好かれる人物。イケメンでも心のイケメン」
と説明したプロデューサーに
「そこまでフォローしなくとも。何ですか、心のイケメンって」
と突っ込みを入れていた。

 何度も共演してきた井上から
「いっこうに距離が縮まらないです。今日も目を合わせてくれない。これを機に心を開いて欲しい」
と言われると、うつむいて苦笑いしていた。

 主人公の母を檀ふみ、父を長塚京三、おじを奥田瑛二、兄を原田泰造、姉を優香が演じる。松陰の才能を見いだした長州藩主、毛利敬親を北大路欣也が演じる。


スポンサーサイト

「花燃ゆ」セット☆三条の和釘

ちょっと奥さんー!
4Kってすごいわねー。

テレビよ、テレビ!
テレビ放送が、今のフルハイビジョンに比べ4倍の解像度の“4Kテレビ”へ移行するんですってよ。
ひえ~、って
って、、4倍ってよく分からんけど(笑)、、
とにかくもっともっともっともっと画面が鮮明になるんだろうね。

ほいで!
花燃ゆはこの4Kで観れるんだね~、、すごいなぁ。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のセット用に
三条の鍛冶職人が作る和釘やかすがいを受注 

(2014.7.15)記事から。




2015年1月に始まるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のセットに、三条の鍛冶職人が作る和釘やかすがいが使われることになった。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のセットに使われる三条で製作中の和釘やかすがい


13日に三条鍛冶道場で行われた和釘大使任命式で長谷川晴生館長が紹介した。
11日に正式な発注があり、約6種類の和釘やかすがい、合わせて200個ほどを作る。すでに三条鍛冶道場スタッフが製作に取りかかっている。

長谷川館長は「最近、富みに和釘の製作依頼がある」と言い、京都の仏像修復もそのひとつ。今回は大河ドラマのセットに三条の和釘などを使いたいと依頼があった。

国定勇人市長は、テレビ放送の今のフルハイビジョンに比べて4倍の解像度の“4Kテレビ”へ移行することから、4K時代にはセットの釘にも本物が求められる時代になり、
「さすがNHKですよね。本物のセットを考えていこうとなったときに、和釘だったらやっぱり三条だと思っていただいた。ここはNHKの先見の明があるなと思った」
と三条に対する評価を喜んだ。

花燃ゆ☆檀ふみさん(*´∀`*)

井上真央、20年ぶり共演に感激「成長を見せなければ」

まおっこさん、情報ありがとうございました!
本当に本当に何より檀ふみさんとの共演!
嬉しいですよね(*´ω`*)



2014-07-11 18:18:34 配信
提供:モデルプレスさんより!


女優の井上真央が、20年ぶりの共演を喜んだ。

井上は11日、渋谷・NHK局にて行われた2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ(はなもゆ)」出演者発表会に女優の檀ふみら共演者とともに出席。

井上が7歳のときに出演したNHKドラマ「藏(くら)」(1995年)以来、20年ぶりの共演となる2人。
今作で檀は、井上が演じる主人公・文の母親、杉滝役として出演する。

檀について井上は、
「7歳のとき、はじめて女優さんになりたいなって思わせてくれた女優さんが檀ふみさんでした。厳しくも温かい女優さんで、いつかまた共演したいなって思いで頑張ってきました。20年問のときを経て、嬉しくもちゃんとした成長を見せなければなと思います」と感慨深い様子でコメント。
一方、檀は「頑張り屋さんだった真央ちゃんがこんなに大きく、素敵な女優さんになって。これから母親役として1年間支えられるのかと思うと嬉しい」と喜び、「7歳のときの可愛らしさをそのままに芯の強いお嬢さんになって…。でも、あんまり賢くなったのでびっくりしました」と目を細めた。







大河ドラマ「花燃ゆ」新キャスト!!

まおっこさん(ノ´∀`*)
いつもありがとう(ノ´∀`*)

本当に本当に嬉しいキャスト陣です!

<速報>井上真央主演大河、新キャスト発表

2014-07-11 12:30:00 配信
提供:モデルプレスさんより!

いよいよ!
新キャスト発表きましたね(*´∀`*)



女優の井上真央がヒロインをつとめる2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ(はなもゆ)」の
新キャストが11日、東京・渋谷の同局で発表された。

この日発表されたのは、
ヒロインの吉田松陰の妹・文の家族に檀ふみ(杉滝役)、
長塚京三(杉百合之助役)、
奥田瑛二(玉木文之進役)、
原田泰造(杉梅太郎役)、
優香(杉寿役)、
松陰と共に奔走した男たちに石丸幹二(周布政之助役)、
瀬戸康史(吉田稔麿役)、
劇団ひとり(伊藤博文役)、
要潤(入江九一役)、
大野拓朗(野村靖役)、
北大路欣也(毛利敬親役)の11人。

これまでには
大沢たかお(小田村伊之助役)、
伊勢谷友介(吉田松陰役)、
高良健吾(高杉晋作役)、
東出昌大(久坂玄瑞役)
らの出演が発表されている。

◆吉田松陰の妹の生涯

大河ドラマ第54作目「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(井上)が、困難を乗り越えながらまっすぐに生き抜く姿を描いたオリジナル作品。
明治維新で大きな役割を果たした長州藩を舞台に、松陰の知られざる家族たちの物語、そして松陰が講義する松下村塾のもとに集まった弟子たちの活躍を描く。

「花燃ゆ」は2015年1月スタート。(モデルプレス)






リポビタンファイン☆!!

仕事に忙しい女性の味方! 「リポビタンファイン」の新TV-CMに井上真央が出演
2014年7月11日 17:00

ウーマンエキサイト
毎日、一生懸命仕事に取り組み、忙しい日々を送る現代の女性。そんな中でもきれいで元気いっぱいに過ごしたいですよね。元気をつくるためにいろいろ工夫をしている人も多いはず。


中には、ドリンク剤を飲むという人もいるのでは? 大正製薬株式会社の糖類ゼロのドリンク剤「リポビタンファイン」は、2005年の発売以来、多くの人に愛されているそう。糖類ゼロで、わずか19kcalというのは女性にうれしいですよね。

この「リポビタンファイン」のCMキャラクターに井上真央さんが起用され、新TV-CMが7月15日から放送が開始されるとか。明るい笑顔が似合う井上真央さんは、元気にきれいで過ごしたい女性が飲む「リポビタンファイン」のイメージにぴったり。


新TV-CM「ブランコ」篇では、空から伸びる不思議なブランコに乗って、抽象世界と現実世界を行ったり来たりする中で、どんどん元気を増していく井上さんの姿から、「リポビタンファイン」を飲むと、元気になって無邪気な自分を解放できるというメッセージが感じられるはず。

撮影では、空中ブランコ同様、天井からロープで吊されたブランコに乗った井上さん。高さもあり、スタッフが押して動かすのでスピードもかなりのものに。

けれども井上さんは、「いくつになってもブランコに乗るとテンションが上がる」とのことで、ずっとご機嫌だったのだとか。安全ベルトをつけるという監督からの提案も、「ベルトはないほうが自然になると思いますよ。CG代も浮くし(笑)」と逆提案。

そしてそのまま颯爽とブランコへ。撮影がスタートすると、最高の笑顔で見事一発OK。これには監督も「さすが!」と絶賛。横から撮影するシーンでは、ブランコのスピードがさらにアップしても、「ひゃあ! すごい」「きゃー! 楽しい」と表情はますます自然体に。

見ている側も思わず笑みがこぼれるほど、本当に楽しそうな笑顔を浮かべて、OKテイクを連発したという井上さん。ぜひそのステキな笑顔をCMで見てみて。

女優として多忙な毎日を送る井上さんから、働く女性へメッセージをいただいたところ、「女性は仕事に家事にオシャレに、毎日とっても忙しいですよね。『リポビタンファイン』は、元気に背中を押してくれるので、今まで飲んだことがない方もぜひ手にとってもらえたらうれしいです」とのこと。

「とっても気持ちよかったので、あの気持ちよさを皆さんにも味わってもらいたいぐらいです」と、撮影後、感想を話した井上さん。その気持ちよさから生まれた自然な笑顔、ぜひ見てみたいですね。


そして、忙しい毎日に元気が足りないと思ったら、CMの井上さんのように、「リポビタンファイン」で元気をもらってみては? きっと明日もきれいに元気いっぱい過ごせるはず。


メイキングもこちらから観れましたね(*´ω`*)

http://www.youtube.com/watch?v=4OPF3t_P0ek


by Yahoo! JAPAN

“興味本位ではできない”声優☆

シネマトゥデイさんに、インタビュー記事!
嬉しいな!

真央ちゃんがいかに真摯に、、アンパンマンの作品に向き合っていたのかがよく分かります。

だからこそ!あ~観に行きたいなあ(*´ω`*)


井上真央、“興味本位ではできない”声優に初挑戦した理由
7月6日9時03分






 やなせたかしさんが取り組んだ「復興3部作」の完結編となるシリーズ第26作の映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』で、井上真央が初めて声優に挑戦した。「声優は自分にとって一番ハードルが高いと思っていた」
という彼女はなぜ出演を決意したのだろうか。

 「花より男子」シリーズで注目を浴びた井上は、朝ドラでヒロインを務め、映画『八日目の蝉』では第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」で主演することも発表されており、あらゆる仕事を経験してきたように思われる彼女だが、意外にも声優は未経験の分野だった。
「ご縁があったらやりたいなと思っていたけれど、本業の声優の方々がいらっしゃるのだから、『やりたいな』でできる仕事ではないと思っていました。全身で表現する俳優と、声だけで表現する声優の仕事は別物。興味本位でできるものではないので」
と声優という仕事に対して独自の観点を明かした。

 そんな井上が出演を決意したのは「アンパンマンのマーチ」がつないだ縁があったから。震災後に出演したラジオで、大好きな「アンパンマンのマーチ」を流したことをきっかけに、NHKスペシャル「みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”~」のナレーションを務めた井上。またその番組が本作のオファーをされるきっかけにもなった。

 「声優の経験もないですし、復興3部作を締めくくる作品というプレッシャーもあったので、本業の声優さんがやられたほうがいいんじゃないかなとも思いました。でも、頂いた台本に込められたやなせさんのメッセージにグッときたので、純粋に『がんばろう!』と思えたんです」と本作に強く共感したことも語っていた。

 事前にもらった映像を見ながら台本を音読し、ヒーローに憧れるりんごぼうやが敵と戦うシーンでは、微妙な息遣いの違いを台本に書き込み、本人いわく「コソ練」を重ねたという。高いハードルを跳ぶために努力を怠らない、井上の真面目さは、初挑戦した声優としての演技からも伝わってくるに違いない。(取材・文:須永貴子)

映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は7月5日より全国公開

© 2014 CINEMATODAY Inc.

アンパンマン初日舞台挨拶☆

初日舞台挨拶!!

私も、アンパンマン、、観に行きたいなあ(*´ω`*)




やなせ先生の遺志を受け継ぎ…今年の初日は戸田恵子・井上真央らが大合唱!
7月5日11時56分



左から、アンパンマン、岡田圭右、井上真央、戸田恵子、中尾隆聖、ドリーミング(寺田千代、寺田嘉代)、ばいきんまん
みんなで大合唱!


 女優の井上真央とますだおかだの岡田圭右が5日、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』初日舞台あいさつに戸田恵子らと共に出席した。

 例年、初日舞台あいさつは原作者のやなせたかしさんの即興ソングで幕を開けていたが、やなせさん不在の今年は登壇者全員による「アンパンマンのマーチ」の大合唱で開幕した。

 小雨が降るなど、あいにくの空模様だったが、会場は大勢の子供たちで満員。
その様子を見たアンパンマン役声優の戸田は「やなせ先生が言っていた『人生は喜ばせごっこ』という大きなテーマを含んだ素晴らしい作品になりました」としみじみ。
ばいきんまんの声優を務める中尾も「やなせ先生の思い出がいっぱい詰まったこの作品を観てもらいたいと思います」と晴れ晴れとした顔を見せた。

 一方、りんごぼうや役で声優初挑戦を果たした井上は、
「一緒に『アンパンマンのマーチ』を歌うことができて、興奮しています。このチームに入れたことをうれしく思います」と笑顔を見せたが、初日があいにくの空模様であったことに触れて、
「完成披露試写会の時も雨が降っていて、今日も雨ということで申し訳ない気持ちでいっぱいです」と苦笑い。
「わたしはドラマでも映画でも、いつもここぞという大事なときに雨が降るんです。今までは人のせいにしてきたけど、今日の朝も雨が降っていて。もしかして自分が雨女なのかなと思ったので、七夕には晴れてもらえたらいいなと思います」
と付け加えた。



 さらに「やなせ先生にお会いできなかったのは残念」と切り出しつつも、「先生のたくさんの願いが込められた作品。この願いが子供たちに届いたらうれしい」とコメント。
完成披露試写会の時に、泥だらけになって戦うりんごぼうやに子供たちが「頑張れ!」と掛け声を送っていたという話を聞いて、「その声を聞きにまた映画館に行きたいと思います」と感激した様子を見せた。

映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は全国公開中


© 2014 CINEMATODAY Inc.

岡田、井上真央との差にがくぜん(*´ω`*)

あぁ、、まおっこさんからの記事が、もう無くなってる(T_T)(T_T)
ちゃんとしなきゃ、私!!ちゃんとちゃんと(;´Д`)


ごめんなさい!
この記事で取り敢えず、、
あ!取り敢えずだなんてニッカンさん、ごめんなさい!
とっても嬉しい記事、ありがとうございます!



nikkansport.com @ mobileより。
[2014年6月24日17時54分]

 ますだおかだ岡田圭右(45)が24日、横浜市内の横浜アンパンマンこどもミュージアムで行われたアニメ映画「それいけ! アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」(川越淳監督、7月5日公開)の一日館長就任式に出席した。

 最大の敵マジョーラを演じた岡田は、りんごぼうや役で声優に初挑戦の井上真央(27)の演技を絶賛。

「井上さんと私の、声優のスキルの差…これに私、がくぜんとしまして。私は最初はいい感じだったんですが、最終的には普通の岡田になってました」
と笑った。

 一日館長に就任した横浜アンパンマンこどもミュージアムについても「初めて来たんですが、細かいところまでアンパンマンの絵があったり、すばらしいですね。今は子どもが高校生と中学生なので、小さかったら来たかったなぁ」と絶賛。そんな岡田だが、オープニングで「ウワォ!」、締めは「閉店ガラガラ」と、自身のギャグをアピールすることだけは忘れなかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。