FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆鱗、、毎日新聞の記事から

NODA・MAP「逆鱗」 
時代のしかかる奇想譚=評・濱田元子さんの記事です。
毎日新聞 2016年3月2日 (東京夕刊)

 想像もつかない、ということは、今や希少な体験かもしれない。
この時代、たいがいのことは、あらかじめネットで調べれば想像がつく。
人魚をモチーフに、海中水族館が舞台という野田秀樹の新作(演出も)。
もちろん、そんなファンタジックな響きのまま終わるわけがない。
不穏な時代の空気が遠景に重くのしかかり、想像をはるかに超える奇想譚(たん)は、いつにも増して鋭くとがる。

 大昔にかわした人間との約束を果たそうと、人魚(松たか子)が現れた地上では、海中水族館で人魚ショーが繰り広げられていた。
時空を行き来する物語は人魚と、電報配達人(瑛太)の視点が軸となる。
野田らしい言葉遊びがあふれる。
セリフもキーとなり、見る者に思考するスキを与えないほどイメージは跳躍していく。

 松に透明な存在感があり、凜(りん)としたセリフが、つかみどころのない物語にリアルな息を吹き込む。
人魚学の権威(野田)の助手を演じる井上真央がアクの強い役を好演。
阿部サダヲ、池田成志、銀粉(ぎんぷん)蝶(ちょう)といった癖のある実力派が奥行きを生む。
一方、海や魚たちをアンサンブルの身体が描き出し、エンターテインメントたる演劇ならではの見立てのおもしろさが刺激的である(井手茂太振り付け)。

 常々、演劇は「問いかけ」と言う野田。
幕が下りてなお、想像し、考え続けさせられる。【濱田元子】

東京・池袋の東京芸術劇場で13日まで。大阪、北九州公演あり

ーーーーーーーーーーーーーーー
アクの強い役、、、そんなの真央ちゃん、今まで無かったもんね。
挑戦であり、、
井上真央の力を表現できた作品、、だよね。
スポンサーサイト

BUZZとか。。

そしてそして、、
まおっこさん☆
フリーペーパーのBUZZ
、、の記事抜粋ありがとうございます!!

野田地図で演技できる喜び、、
野田地図で評価される喜び、、

その重みとか使命と言うか、凄さと言うものを真央ちゃんは実感していたからこそ、

絶対、、真央ちゃんは、私が想像も出来ないくらいの緊張感の中で
努力を重ねていたんだろうな。。
ーーーーーー

「すべての俳優はふたつに分けられる。
野田秀樹の舞台にきちんと立てる人と、そうでない人に」・・・
・・・・・・

そして瑛多と井上真央は、3年前のMIWAでNODA MAPに初参加した二人だが、どちらも見巧者をうならせた。
美輪明宏氏の半生を縦軸に、
第二次世界大戦からの日本の復興、芸術家と周辺の人々、
少数派の矜持、宗教などの問題を色鮮やかに絡ませた同作で、
瑛太は、物語に踊らずしっかりした軸を内面に持ち続けて宮沢りえ演じる主人公を受け止め、

また井上は、瞬間的に変わるストーリーの波頭を次々と捉えて乗りこなし、上演では語られない時間を彼女の身体の中に宿らせていた。

どんなに映像でいい演技を見せても舞台では光らない俳優もいる中で、
ふたりは「どちらもできる」俳優であることを証明したのだ。
・・・・・              (文 徳永京子)

観劇の感想ありがとう!!

いつもコメント下さるまおっこさんが、2月直ぐに観劇されて。
早速コメント頂いてました。
遅くなりましたが、是非とも紹介させてくださいませ。。

ーーーーー
真央ちゃん、声がよく通るし聞きやすいし
くるくる表情が変わって、テンポ崩さず、、とにかく素晴らしかったです

松さん、すごい!美しい!
瑛太さんも声がよく通る!
阿部さん、相変わらず面白いし笑わせるし泣かせるし、芸達者!
ただ、声がかれてたので、少し心配になりました
真之介くん、真央ちゃんとの絡みの芝居も多くてワクワクさせてくれました

言えるのは・・
野田MAPは、実力派の役者さんしか出れないな、って実感
野田さんは天才です

上手にレポできないけど

カーテンコールで、真央ちゃんの表情が少し固かったのですが
何回目かのときに、松さんと顔を見合わせてニッコリしながら二人で
軽くハグ(*^。^*)
松さんに甘えるように寄り添ってく真央ちゃんが可愛かったです(^.^)
途中、真之介くんにもぶつかりながら笑ってました
松さんは、舞台はけるときに成志さんの肩に手を置いて楽しそうでした

いい空気の中で、最高の舞台を作り上げてくれたスタッフ・キャストさんたちに何度も大きな拍手がありました

感動で、今日は寝れないかな~(^.^)
まず、りいさんと真央ちゃんファンに報告したくてお邪魔しました(^.^)

ーーーーー

あぁ、ステキですね、、
さすが野田地図ですし、いたるとこで真央ちゃんやキャストさんの演技の素晴らしい評価を目にして、、嬉しくてたまりません\(^o^)/

私は3月\(^o^)/

ルンルン\(^o^)/

明日シアターガイド(≧∇≦)b

えっと、、感謝の言葉。。
コメント欄、、
キースさん☆
Rさん☆
梨の木さん☆
sumireさん☆
そしてそしてまおっこさん☆
年をまたいでの感謝感謝のお返しも有りでごめんなさい。。。
、、、本当にありがとうございました!!

花燃ゆ、、は今でも思い出しては『真央ちゃん、凄いな~(*´ω`*)』って思っています。
たくさんの事を学べた良い作品だったな~って、、
思い出しては嬉しくて。
そんな中で今は野田地図でしょう??
ホンマに凄いよね。


で、、、。

シアターガイドさんの記事から、、。

明日、発売だね!!
買うよ~絶対買います!
楽しみ!!
ーーーーーー
2016/1/29
松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ出演 NODA・MAP『逆鱗』が開幕




野田秀樹が作・演出を手掛けるNODA・MAP最新作『逆鱗』が、本日29日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕。
その初日公演に先立って、公開舞台稽古が行われた。


物語は、イルカショーならぬ“人魚ショー”を立ち上げようとする海中水族館を舞台に展開。


人魚と出会う青年モガリ(瑛太)や人魚を引き揚げる“潜水鵜”となるサキモリ(阿部)の物語と、松扮する人魚により語られる昔話が、時間と空間を超えて交錯していく。水族館と海底を行き来してスピーディーに展開される舞台で、キャストたちが緩急自在に巧みな掛け合いを繰り広げる中、やがて、彼らの物語は、水族館館長(池田)や、人魚の秘密を探ろうとする研究者・鵜飼ザコ(井上)らの思惑を絡めながら、深い深い海の底へと潜り込んでいく……。

東京公演は、3月13日(日)まで。その後、大阪・シアターBRAVA!、福岡・北九州芸術劇場 大ホールでのツアー公演が行われる。前売は残念ながら全日程完売となってしまったが、全日程当日券は用意されるとのことだ。

なお、2月2日(火)発売の本誌「シアターガイド」3月号では、巻頭特集で本作を紹介している。松、瑛太、井上、阿部が顔をそろえた座談会と、野田のインタビューから作品に迫る内容となっている。公演と併せてぜひ本誌もチェックしていただきたい。

逆鱗ゲネプロ!! ~映画.com

大変ご無沙汰しております、、
ごめんなさい。。。
コメントやメール、本当にありがとうございます!!

そして、、いよいよ真央ちゃん、29歳!
そして素晴らしい舞台の幕開け!初日!!

私も真央ちゃんファン友達に、有り難い有り難い配慮を頂いて、、
3月大阪公演で観劇させて頂きます٩(♡ε♡ )۶

ドキンドキン٩(♡ε♡ )۶

ではではでは、、
映画.com さんから昨日のゲネプロの記事!!

わーい\(^o^)/
意外な役ですよ~
ザコって、、(笑)
へ~、、まさかのザコ。
雑な魚と書きますが、、、イヤ勿論どんな役がある事さえ分かりませんでしたが、、(*´ω`*)

マサカまさかの役です~!

ーーーーーー
井上真央、野田秀樹演出「逆鱗」で新境地開拓!松たか子、瑛太らの熱演にも注目

 野田秀樹作・演出の舞台「逆鱗」が、1月29日に初日を迎える。

28日には東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで公開ゲネプロが行われ、松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ、満島真之介らが熱のこもった演技を披露した。








 野田が設立した「NODA MAP」の第20回公演となる今作は、人魚と人間の出会いがテーマ。沈没船の窓際で交わした約束を果たすため、人間のふりをして地上に現れた人魚が海中水族館の「人魚ショー」に迷い込み、“人魚のふりをした人間”と出会う。そして物語は、深夜の海中水族館に運び込まれてきた「あるモノ」とともに、深い海の底へと潜っていく……。

 「パイパー」以来、約7年ぶり4度目の野田作品となる松のひとり語りから始まる舞台は、息をつく暇を与えないほどリズミカルに進み、軽妙なタッチの会話劇も盛り込みながら怒とうの展開をみせる。

なかでも、「MIWA」から2作連続で野田とタッグを組み、人魚学の研究者・鵜飼ザコ役に息吹を注ぎ込んだ井上の充実ぶりに目を見張る。


 天真爛漫な役どころを嬉々とした表情で演じ、ステージをところ狭しと走り回る。瑛太扮する電報配達人のモガリ・サマヨウを誘惑し、減圧室に閉じ込めてしまうくだりは、井上にとって新境地開拓といっても過言ではない。









また、物語の中盤から終盤にかけて発揮した松、瑛太、阿部の集中力は秀逸で、見る者をクライマックスまで引き付けて止まない。

 東京公演は同劇場で3月13日まで。
その後、シアターBRAVA!での大阪公演は3月18~27日、北九州芸術劇場大ホールでの北九州公演は3月31日~4月3日に開催。

前売り券はすべて完売しているが、当日券販売はある。


疑っちゃうなんて(笑)

真央ちゃん!!
舞台、嬉しいです!!

オファーに疑っちゃうなんて、、笑っちゃう。

でもそれだけすごい舞台に選ばれちゃう真央ちゃん!!
誇らしいです。。




印象にのこっていることで。。
___ 本読みですかね。 なんかこう アンサンブルに囲まれながら 本当に 役者だけになって
一番最初に 野田さんが読む じゃないですか
なんとなく 噂では聞いていたんですが、あ !これが噂のやつ って思ったときに
全部 野田さんが抑揚もつけず、、 と。
どんなんだろね。。

___ 私にとっては 苦痛の日々(笑)
もう自分の、 苦痛っていうのは 自分の 出来なさ加減とか不安がますますつのった、、、と。

___ 舞台の楽しさ? 楽しいというところまで までは 行かなかったんですけど、、、と。
ただただ 同じことを やっているように見えて 違う んだなと。
実感と して お客さんの反応も 違いますし いろいろためせる
練習期間もすごい長いですし 色んなシーンを いろんな角度から 試せるというのは
すごく新鮮でしたし 勉強になりました、、と。
こう思うんですっていうと じゃやってみろ というのは よく言われていました、、と。。



ああ、、読むだけでも緊張する。。
体当たりしてる真央ちゃんの姿がうかぶよ。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。