FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“興味本位ではできない”声優☆

シネマトゥデイさんに、インタビュー記事!
嬉しいな!

真央ちゃんがいかに真摯に、、アンパンマンの作品に向き合っていたのかがよく分かります。

だからこそ!あ~観に行きたいなあ(*´ω`*)


井上真央、“興味本位ではできない”声優に初挑戦した理由
7月6日9時03分






 やなせたかしさんが取り組んだ「復興3部作」の完結編となるシリーズ第26作の映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』で、井上真央が初めて声優に挑戦した。「声優は自分にとって一番ハードルが高いと思っていた」
という彼女はなぜ出演を決意したのだろうか。

 「花より男子」シリーズで注目を浴びた井上は、朝ドラでヒロインを務め、映画『八日目の蝉』では第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」で主演することも発表されており、あらゆる仕事を経験してきたように思われる彼女だが、意外にも声優は未経験の分野だった。
「ご縁があったらやりたいなと思っていたけれど、本業の声優の方々がいらっしゃるのだから、『やりたいな』でできる仕事ではないと思っていました。全身で表現する俳優と、声だけで表現する声優の仕事は別物。興味本位でできるものではないので」
と声優という仕事に対して独自の観点を明かした。

 そんな井上が出演を決意したのは「アンパンマンのマーチ」がつないだ縁があったから。震災後に出演したラジオで、大好きな「アンパンマンのマーチ」を流したことをきっかけに、NHKスペシャル「みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”~」のナレーションを務めた井上。またその番組が本作のオファーをされるきっかけにもなった。

 「声優の経験もないですし、復興3部作を締めくくる作品というプレッシャーもあったので、本業の声優さんがやられたほうがいいんじゃないかなとも思いました。でも、頂いた台本に込められたやなせさんのメッセージにグッときたので、純粋に『がんばろう!』と思えたんです」と本作に強く共感したことも語っていた。

 事前にもらった映像を見ながら台本を音読し、ヒーローに憧れるりんごぼうやが敵と戦うシーンでは、微妙な息遣いの違いを台本に書き込み、本人いわく「コソ練」を重ねたという。高いハードルを跳ぶために努力を怠らない、井上の真面目さは、初挑戦した声優としての演技からも伝わってくるに違いない。(取材・文:須永貴子)

映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は7月5日より全国公開

© 2014 CINEMATODAY Inc.
スポンサーサイト

アンパンマン初日舞台挨拶☆

初日舞台挨拶!!

私も、アンパンマン、、観に行きたいなあ(*´ω`*)




やなせ先生の遺志を受け継ぎ…今年の初日は戸田恵子・井上真央らが大合唱!
7月5日11時56分



左から、アンパンマン、岡田圭右、井上真央、戸田恵子、中尾隆聖、ドリーミング(寺田千代、寺田嘉代)、ばいきんまん
みんなで大合唱!


 女優の井上真央とますだおかだの岡田圭右が5日、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』初日舞台あいさつに戸田恵子らと共に出席した。

 例年、初日舞台あいさつは原作者のやなせたかしさんの即興ソングで幕を開けていたが、やなせさん不在の今年は登壇者全員による「アンパンマンのマーチ」の大合唱で開幕した。

 小雨が降るなど、あいにくの空模様だったが、会場は大勢の子供たちで満員。
その様子を見たアンパンマン役声優の戸田は「やなせ先生が言っていた『人生は喜ばせごっこ』という大きなテーマを含んだ素晴らしい作品になりました」としみじみ。
ばいきんまんの声優を務める中尾も「やなせ先生の思い出がいっぱい詰まったこの作品を観てもらいたいと思います」と晴れ晴れとした顔を見せた。

 一方、りんごぼうや役で声優初挑戦を果たした井上は、
「一緒に『アンパンマンのマーチ』を歌うことができて、興奮しています。このチームに入れたことをうれしく思います」と笑顔を見せたが、初日があいにくの空模様であったことに触れて、
「完成披露試写会の時も雨が降っていて、今日も雨ということで申し訳ない気持ちでいっぱいです」と苦笑い。
「わたしはドラマでも映画でも、いつもここぞという大事なときに雨が降るんです。今までは人のせいにしてきたけど、今日の朝も雨が降っていて。もしかして自分が雨女なのかなと思ったので、七夕には晴れてもらえたらいいなと思います」
と付け加えた。



 さらに「やなせ先生にお会いできなかったのは残念」と切り出しつつも、「先生のたくさんの願いが込められた作品。この願いが子供たちに届いたらうれしい」とコメント。
完成披露試写会の時に、泥だらけになって戦うりんごぼうやに子供たちが「頑張れ!」と掛け声を送っていたという話を聞いて、「その声を聞きにまた映画館に行きたいと思います」と感激した様子を見せた。

映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は全国公開中


© 2014 CINEMATODAY Inc.

岡田、井上真央との差にがくぜん(*´ω`*)

あぁ、、まおっこさんからの記事が、もう無くなってる(T_T)(T_T)
ちゃんとしなきゃ、私!!ちゃんとちゃんと(;´Д`)


ごめんなさい!
この記事で取り敢えず、、
あ!取り敢えずだなんてニッカンさん、ごめんなさい!
とっても嬉しい記事、ありがとうございます!



nikkansport.com @ mobileより。
[2014年6月24日17時54分]

 ますだおかだ岡田圭右(45)が24日、横浜市内の横浜アンパンマンこどもミュージアムで行われたアニメ映画「それいけ! アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」(川越淳監督、7月5日公開)の一日館長就任式に出席した。

 最大の敵マジョーラを演じた岡田は、りんごぼうや役で声優に初挑戦の井上真央(27)の演技を絶賛。

「井上さんと私の、声優のスキルの差…これに私、がくぜんとしまして。私は最初はいい感じだったんですが、最終的には普通の岡田になってました」
と笑った。

 一日館長に就任した横浜アンパンマンこどもミュージアムについても「初めて来たんですが、細かいところまでアンパンマンの絵があったり、すばらしいですね。今は子どもが高校生と中学生なので、小さかったら来たかったなぁ」と絶賛。そんな岡田だが、オープニングで「ウワォ!」、締めは「閉店ガラガラ」と、自身のギャグをアピールすることだけは忘れなかった。


『アンパンマン』完成披露試写会☆

まおっこさん☆
テキストたっぷりの記事!有り難いです(*´ω`*)


井上真央「子どもができたら自慢したい」映画『アンパンマン』完成披露試写会

6月08日17時01分
提供:テレビドガッチ


7月5日(土)公開のアニメーション映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』の完成披露親子試写会が8日に都内で行われ、アンパンマン役の戸田恵子、りんごぼうや役の井上真央が登壇した。

戸田は、本作でゲスト声優を務めた井上を
「素晴らしかったです。真央さんが普段、女優さんと演技されている感じとは全く違って、お顔が全然浮かんでこなかったし、そこに本当にりんごぼうやがいるようでした。真央さんがいずれ結婚されて、お子さんができたら、自慢できる作品になったと思います」
と絶賛。

井上は
「実は今日も、可愛がっている子どもたちを何人か連れてきたので、その子たちにも自慢になるかなと。未来の(自分の)子どもにも自慢しようと思います」
と笑顔を見せた。

本作は、かっこいいヒーローに憧れるりんごぼうやのふるさと・アップルランドが舞台。
ある日突然、アップルランドのりんごが何者かに毒りんごにされてしまう。
りんごぼうやは大切なふるさとを元通りにするために、アンパンマン、ばいきんまんも力を合わせてと危機に立ち向かっていくというストーリー。

井上のほか、ゲスト声優として敵役の黒マジョのマジョーラを岡田圭右(ますだおかだ)が演じている。

「3歳くらいの時からアンパンマンが大好きで、アンパンマンのマーチを歌ったり、テレビを見たり、オモチャをねだったりしていました。なので今この場にいることが不思議です」

と語った井上は、今回が声優初挑戦。

「こんなにアンパンマンという作品を緊張して観るのは初めてでした(笑)。観終わった後で自分の声について反省もしましたけど、憧れの世界に入ることができて、たくさんの方の思いが込められた作品に参加できて嬉しいです
」と、完成作品を観た時の感想を振り返った。

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は、昨年亡くなった原作者・やなせたかし氏が、東日本大震災の後で取り組んできた“復興三部作”の三作目で、最後の原案作品。

アンパンマンの声を務めて26年目の戸田は、「やなせ先生は、サッとマントをひるがえして、天国にパトロールへ行ってしまいました。きっと今も、天国で見守って下さっていると思います。この作品は原点回帰。誰かを喜ばせたい、誰かのために何かをやりたい、というアンパンマンの一番優しい部分がよく出ている作品です。毎年、やなせ先生がここにお立ちになって自ら思いを述べられるんですけど、精一杯先生の思いをお伝えしたいと、これからも一作一作、皆で心を込めて作っていきたいです」
とやなせ氏に代わりメッセージを送った。

舞台挨拶には他に、「アンパンマンのマーチ」を歌うドリーミング、アンパンマン、ばいきんまん、コキンちゃん、やなせうさぎが登場し、子どもたちの大歓声を浴びていた。

■『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』
2014年7月5日(土)公開


制作会見の動画☆

今、スッキリでも紹介有りましたね(ノ´∀`*)

じっくり観るなら、、
以下、動画でニュース配信してくれていますね(*´∀`*)

ピカピカ真央ちゃんがたっぷり観れます(*´ω`*)



制作会見の動画ニュース☆


ほか記事から☆



井上真央が“アンパンマン”で声優初挑戦!「好きなのはカレーパンマン」

(2014.05.20)



 映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』の制作会見が5月20日(火)に汐留の日本テレビで行われ、本作の新キャラクター“りんごぼうや”の声優を務める井上真央が出席した。


 井上が演じたりんごぼうやがヒーローに憧れる男の子ということもあり
「次の日とか腹筋が痛くなるくらいお腹に力を入れて声を出した」と収録を振り返り
「アンパンマンが顔が濡れて“へなへな”ってなるのと同じで、りんごぼうやも“しなしな”ってなるときがあるんですけど、その“しなしな感”をもうちょっと“しなしな”でって言われたときはすごく難しかったです(笑)」と苦労を明かした。

 アンパンマンの大ファンだという井上は
「お声をかけてくださったときは。“アンパンマン、アンパンマン言っていた子が作品に携わるなんて”って、家族が一番びっくりしていました」と話し、
好きなキャラクターについては
「カレーパン。子供のころ変わっていて、カレーパンマンってちょっとマイナーだから私が好きにならなかったら誰も好きにならないんじゃないかって(笑)。あと、かびるんるんも」と笑顔で話す井上だったが、隣にいたバイキンマンが不機嫌なると
「ごめんね。すねないで」と慌ててなぐさめた。


『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』
7月5日(土)全国ロードショー
配給:東京テアトル


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ほか記事から☆

アンパンマンとバイキンマンを従えて登場した井上は「なかなか2人に挟まれることはないので、友達の子供たちに自慢したいです」とにこにこ。


男の子の役だが、声を低く出して、うまく演じた。ただ「笑い声のときだけは、たまに女の子になっちゃうので、自宅でいっぱい練習しました」。


アンパンマンから学んだことは、「一番優しい人が、一番強いんだということです。この夏、アンパンマンで映画館デビューしてくれるお子さんがたくさん生まれたら」と願っていた。


声優の難しさを語った井上だが、会見のMCを務めた藤井恒久アナウンサーから
「今までのゲスト声優で一番すんなり終わったと聞いていますよ」と聞いて、照れ笑いを浮かべた。

男の子の役を演じたことについて、井上は
「もともと女性らしい声ではないので、お腹に力を入れたら男の子っぽい声になって、監督も“少年っぽい声でいいね”と言ってくださいました。でも、収録の次の日には腹筋が痛かったです(笑)。指示されたことをきちんとやったうえで、個性を出していくのが難しい。声優さんってすごいな、と改めて尊敬の気持ちがわきました」と語った。

また、井上は
「アニメもよく見ていて、オモチャもたくさん持っていました。好きなキャラクターは、アンパンマンはもちろんなんですが、私はカレーパンマンが好きでした」と子ども時代を振り返り、藤井アナに「なぜ、カレーパンマン?」と聞かれると
「マイナーかもしれませんね(笑)。私が好きにならなかったら誰も好きにならないような気がして……」と、意外な理由を明かした。


役作りで男の子の声を出すため、おなかに力を入れて発声していたという井上は、「笑うとたまに女の子っぽさが出てしまうので、次の日に腹筋が痛くなるくらいくらい力を入れていました」と苦労しつつも、「『声の少年っぽさがいいね』と言ってもらえて、男の子を違和感なくできたかなと思います」と手応えを感じた様子。


テーマの“ふるさと”について、井上は「ふるさととは自分の生まれ育った場所、そして両親が育った場所、さらに感謝のできる場所ですね。何か自分が恩返ししたいな、力になりたいなって思える場所かなと思います」と語り、「日本中の子供たちが、自分のふるさとってどこだろう、何だろうと思ってもらえるきっかけになったらいいなと。本当に強い人って何だろうっていう、やなせ先生の思いが描かれていて、大人の方にもきっと届くと思います。ぜひ親子で楽しんでいただけたらと思っています」と笑顔を見せた。











アンパンマン制作会見

まおっこさん感謝感謝です!


2014-05-20 13:34:28 配信
提供:モデルプレスさんの記事です!

ーーーーーーーー
井上真央、「プレッシャーもあった」不安を告白



不安を告白した井上真央


女優の井上真央が、不安を告白した。

井上は5月20日、都内にて行われた映画シリーズ第26弾「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなのお願い」(7月5日公開)制作会見に出席。
白い膝丈ワンピースから、引き締まった美脚を披露した。

アンパンマンの生みの親・やなせたかし最後の原案作となる本作で声優初挑戦する井上は、今回の抜擢に
「ちゃんとした声優さんがやられた方がいいんじゃないかなとプレッシャーもありました」と本音をポロリ。
「タイトルにやなせ先生の思いや願いがたくさん込められているんだなと思いました。今まで携わってきた人達の思いがすごく詰まっていると思います」と明かし、
「だからこそ私でいいのかという思いがありました」と不安を吐露した。

しかし、「(色んな人の思いが込められた作品の)ヒロインとして携われるなんて、こんな幸せなことはないのかなと思います」と大好きなアンパンマンの出演に喜んだ。

◆声優初挑戦に苦戦

本作は、かっこいいヒーローに憧れる、りんごぼうやの“ふるさと"アップルランドが舞台のストーリー。
ある日突然、アップルランドのりんごが、なにものかに毒りんごにされてしまい、アンパンマンとばいきんまんが力を合わせていく。

井上はかっこいいヒーローに憧れる元気いっぱいの男の子・りんごぼうやを担当する。

声優初挑戦の井上は、
「普段は、台本に線を引いたり、書き込んだりはしないけど今回は練習しました」と振り返り、「家でこっそり練習してて、いきなり大きな声を出したらワンちゃんに吠えられました(笑)」と苦戦した様子。

しかし、スタッフからは「井上さんの収録は1番スムーズに終わりました」と見事にりんごぼうやになりきっていたと絶賛されていた

(モデルプレス)

りんごぼうや☆声優!!

嬉しいニュースが入りましたね!
やなせたかしさんの番組は本当に本当に、感動的だったから
この御縁が嬉しくてたまりません!!

映画.com記事より☆


井上真央、アニメ声優に初挑戦!映画「アンパンマン」でりんごぼうやに

4月10日06時00分




アニメ声優に初挑戦する井上真央と 新キャラクター“りんごぼうや”

 女優の井上真央が、故やなせたかしさん原作の人気アニメ劇場版シリーズ第26作「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」で、アニメ作品の声優に初挑戦することがわかった。

井上にとっては、「池上彰のJAPANプロジェクト~50年前のニッポン、未来のニッポン~」での報道番組初出演、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(15年放送)の撮入などが控えており、これまで以上に幅広い活動に大きな注目が集まる。

 井上が声を担当するのは、新キャラクターの“りんごぼうや”。
空に浮かぶ美しい島「アップルランド」に住む、格好いいヒーローに憧れる元気いっぱいの男の子で、大切なふるさとを守るために“魔法の種”を探して奮闘するという役どころだ。

 今作は、やなせさんの手がけた最後の原案作。
東日本大震災発生後に復興三部作として取り組み、2012年の「それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島」が“復興”、13年の「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」が“希望”、今作が“望郷”と“故郷の再建”をテーマに掲げている。

 井上は、今年1月に放送されたNHKスペシャル「みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”」でナレーションを務めた縁がある。
“りんごぼうや”の前向きなイメージとも合致することから大抜てきされたが、
「アンパンマンの世界に描かれているヒーロー像や歌の中には、やなせ先生が残された深い哲学があり、私自身、大人になった今でも勇気や希望をもらっています。いつか先生にお会いしたいという夢は残念ながらかないませんでしたが、ドキュメンタリー番組のナレーション、そして声優と、様々な形でかかわれることが本当に嬉しいです」
と意気に感じている。

 さらに、
「『やなせ先生が取り掛かった復興三部作のラスト』と聞いただけでも恐縮してしまいますが、先生が最後に残された作品に携われる喜びをやりがいに変えて、初挑戦ながらも精いっぱい務めさせていただきます」
と責任感の強い井上らしいコメントを寄せている。

 「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」は、7月5日から全国で公開。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。