FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩は(^o^)☆

おはようございます


今日は、ゲストさんも教えてくださってました\(^o^)/

8/3(金)
後9:00~後10:54 日テレ系
金曜ロードSHOW!テレビ初登場

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」


凛々しい真央ちゃん、必見ですね


うーん、書きたいこといっぱい
でもまた、あらためて
スポンサーサイト

鑑賞…!!☆

世間では…

あはは…
世間では、『八日目の蝉』予告を観た~!
とか、
真央ちゃん公式更新~!可愛い~!
とか、言ってる最中でありますが。



まずはその前に…
すみません
…今日、映画『太平洋の奇跡』観てきました

こちらにもたくさん感想コメントいただいて、ありがとうございます。
また後で返信させてくださいませ



今、いっぱい語りたいのですが…
まだ観てない方もいらっしゃるので、、
ああ…
でも、、しかし、です。。

井上真央ちゃんのあの目…
頭から離れないですね…


戦地で闘う…どの兵士より鋭く冷たく光っていました。



私、お恥ずかしながら。
最初の真央ちゃん登場シーンから…ずっとハラハラ泣いてしまって。


で、帰宅してパンフレット読んで…またグッときて泣いてしまって。



今日は、映画館がサービスデーではなかったので、人も少ないかな…と思っていましたが。

多くてビックリ

たくさんの方に観ていただけていて
嬉しい限りです。



私は、地域がら…でしょうか、
小さな頃から戦争体験や戦争作品に触れることが多くて。

小学校の頃とか、クラスの殆んどが図書館の漫画の『はだしのゲン』読んでたりとか。。
平和研修で沖縄とか長崎行ったり…とか。。。



しましたが…
いえ、だから何って感じですが…

二度と繰り返してはならない戦争の史実を、作品にすることは凄く大切だな…って思います。

特にこの『太平洋の奇跡』という作品は、
今後何年経ってもずっとずっと観ていってもらえる映画かな…
と思います。



絶対…
絶対オススメの映画です。
『太平洋の奇跡』
よろしくお願いいたします☆

インタビューと初日と☆

まおっこさん☆
たくさん情報ありがとうございます!!

こちらは、、多分完成披露のときのインタビューかな。。



http://movies.yahoo.co.jp/inte
rview/201102/interview_20110214001.html


映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

竹野内豊さんと真央ちゃん インタビュー ..
・・で、真央ちゃんトコ抜粋・・


Q:本作の舞台は、太平洋戦争末期のサイパン島でした。
今ではビーチリゾートとして有名なサイパンからはとても想像できない、
悲惨さが伝わってきました。
・・サイパンに行かれたことはありましたか?

井上: わたしは行ったことがなかったので、
サイパンのイメージはきれいなビーチリゾートでした。
この映画に出るまでは、こういう歴史があったことを知らなかったんです。
わたしたちが何げなく訪れている観光地に、
こういう悲惨な歴史があったということがすごくショックでした。



Q:タイのジャングルでの撮影も行ったと伺いましたが、撮影はいかがでしたか?

井上: 竹野内さんをはじめ、兵士役の皆さんは、
毎日、猛暑の中、泥まみれになって撃ち合いをして……という感じだったので、
わたしから見ていてもすごく大変そうでした。
みんなが日に日に追い込まれていく表情は、すごく怖くもありました。
本当に大変だったけれど、だからこそ、あそこまでの連帯感が生まれたのだと思います。
ただ、会うたびにみるみるやせていく大尉(竹野内)が心配でなりませんでした。



Q:そんな過酷な撮影の中で、息抜きなどはあったのでしょうか?

井上: 大尉たちの息抜きの時間って、ご飯くらいしかなかったんじゃないですか? 
皆さん、食事の時間になると、山から下りてきて、皆でケータリングのご飯を食べ、
また山のジャングルに帰っていくという感じでしたから。

竹野内さん: スタッフもキャストも、「ご飯に行こう」って言えば、
だいたい誰かしら一緒に来るんですよね。
ほとんど男性スタッフとご飯に行くんですけど、狭い町だから、
ご飯を食べに行くところもみんな一緒で。
だから、入ったレストランに井上さんがいて、
一緒に食べられるってなると、
男性スタッフはみんな目がキラキラしていましたね。

井上: 逆ハーレムでした(笑)。




Q:井上さんは、竹野内さんを「大尉」と呼んでいるようですが、
現場でも皆さんそう呼んでいたんですか?


井上: そうです! 
ほかのキャストの方々も、気付いたらみんな「大尉」って呼んでいましたよね。


竹野内さん: 最初はすごく戸惑いました。
いきなりみんなに「大尉! 大尉に何があってもついて行きます!」って言われて……。
これはもしかして、良い意味でハッパを掛けられているのかなって思いました。

井上: みんな呼んでいましたからね。

竹野内さん: あ、でも唐沢(寿明)さんだけは、「タケちゃん」って呼んでいました。




Q:唐沢さんは、以前竹野内さんと共演されたドラマ「不毛地帯」とはまったく違うイメージでしたね!


竹野内さん: この映画の髪形じゃ、「不毛地帯」の壹岐さんには絶対になれないですよね!

井上: すごくきれいなスキンヘッドでしたよね。
しかも頭の形がきれいなので、似合うんです!
初めて見たとき、見とれてしまいました。




Q:今回の映画は、アメリカ、タイ、日本、と3か国のスタッフが参加して、
アメリカ側のエピソードはアメリカ人の監督が撮るという独特のスタイルでした。
井上さんは、USパートでの撮影にも参加されたそうですが、いかがでしたか?


井上: わたしは、USスタッフの初日の撮影に、ワンシーンだけ参加したんですが、
やり方も、撮り方も、日本と全然違うので戸惑いました。
そのとき、平山監督が様子を見にいらしていて、
監督が「頑張ってこいっ!」って背中を押してくださったんです。
わたしも「はいっ! 行ってきます!」
という感じで乗り切ることができました。



Q:映画が完成した今、太平洋戦争で命を落とした兵士への思いを聞かせてください。

井上: たくさんある真実の一部の話ではあるんですが、
そこに、これだけのドラマがあったなんて誰も想像できないですよね。
将来の日本を思い、希望を持って戦った人たちの姿を忘れてはいけないし、
彼らがわたしたちに遺してくれたメッセージをきちんと受け止めて、
一日一日を大切に生きていきたいと思っています。



そして、、こちらは初日舞台挨拶の記事から。。


http://news.ameba.jp/20110211-29/

映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」が2月11日、全国300スクリーンで公開。
竹野内をはじめ共演の井上真央、山田孝之、中嶋朋子、
岡田義徳、阿部サダヲ、唐沢寿明、
平山秀幸監督、チェリン・グラック監督は東京・有楽町のTOHOシネマズ有楽座で舞台挨拶に立った、、と。


・・竹野内さんは、約2カ月間に及ぶタイでの過酷なロケ、
積極的なプロモーション活動を経ての封切りに晴れ晴れとした笑顔をのぞかせたそうですね。

撮影期間を含め、これまでに起きた“奇跡”について

「サイパンで戦った47人のひとり、新倉幸雄さんとお会いできたことが奇跡。
 それと、真央ちゃんがタイで虫を食べたことは奇跡的なこと」


・・と振り返った。笑。。

で、真央ちゃん!!

「違いますよ! 屋台で竹野内さんに食べさせられたんですよ」

「絶対に食べたくなかったんですが、
(竹野内の)キラキラしたおめめで差し出されて『おいしいよ』って。
 それで食べちゃいました」


・・と説明し、場内を笑わせた・・と笑。


そしてそして。。

・・イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストリア、スイスの5カ国での公開が決定!!
特にイギリスでは10社以上が配給権を争い、獲得したArrow Filmsは同作を絶賛。
さらにフランス、ベルギー、オランダなど多くの国とも配給交渉が続いている、、とのこと。。


すごいね!!

うれしいね!!


今週、、きっと観にいくからね!!


テーマ: 今日のブログ | ジャンル: ブログ

輝き女優・・☆

ということで、、
次のブログ更新・・


まおっこさん☆
ありがとうございます!!
http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2011/inouemao0209/index.html

真央ちゃんの「太平洋の奇跡」インタビュー記事です!


『きっと今の若い世代にも響く“生きる姿”』
 
ORICON STYLEより。
2011年02月09日

「怒りに満ちた井上さんの力強い目の演技に魅せられました。
 青野千恵子というキャラクターは、これまであまり演じたことのない役柄でしたね?」

【井上】 私自身は戦争を経験していない世代なので、
青野を演じることはとても複雑な心情でした。
銃(ライフル)を持つというのも衝撃的でしたし、
これまでにも戦争映画は観てきましたし出演したこともありましたが、
本物の銃を持ったのは初めてだったので。
でも、両親を目の前で殺されてしまうと、
普通では考えられない行動に出てしまうのかなと、
彼女の気持ちを理解しようと努力しました。


「実際にライフルを持ってみた感想は?」

【井上】 こんなに重いものだったんだ……と、想像以上の重量感でした。
もちろん、演じるときは空砲だと分かっていても
(銃に対する)恐怖がありましたね。
でも、彼女が銃を手にしていたときは、きっと無心だったはず。
怖さを忘れて演じなければならないと思ってやりました。


「たしかに緊張感のあるシーンでした。
 役作りとして事前に準備したことはどんなことですか?」

【井上】 青野は、常に恨みと怒りを内に抱えています。
看護師の経験を活かして負傷者の手当てをする役なんですが、
兵隊のみなさんと同じ場所で一緒にお芝居をするので、
自分も一軍人になって、戦場で戦う気持ちを持って演じていました。
準備としては、戦時中なので、
多少は(顔が)痩せている方が時代に合っているのかと思い、
食事制限はしました。
あとは歴史的背景を学んだり、
その時代の戦争映画(昔の洋画)を観たりしました。


「本作はアメリカ兵に尊敬されていた実在する日本人兵士・大場栄大尉(竹野内豊)が主人公。
 戦争を知らない世代にとっては、アメリカ兵が感じていた日本人の尊厳、
 考え方、生き方がよくわかる映画でもありますよね。」


【井上】  そうなんです。
私自身、この作品に出演することで、大場栄大尉や
彼をはじめとする日本人兵士たちのサイパンでの戦いのことを知ることができました。
ただ、人は気分が落ち込んでいたりすると、
戦争が題材の映画は避けたくなるもの。
けれど、私たちが知らなくてはいけない事はまだまだあって、
そこにはきっと悲惨な事実もたくさんあります。
・・真実は受け止めなければならないし、
あの時代があったからこそ、今があることを忘れてはならない、
そう思います。


「自分の生き方を考えるきっかけにもなりましたか?」


【井上】 今の時代は、自由で恵まれていますよね。
自分が学ぼうと思えばいくらでも学ぶことができるし、
考え方も自由で、時間もたっぷりある……。
けれど、あの時代の人たちは1日1日を生きることが精一杯だった。
あの時代を生きていた人々に私たちは感謝しなくてはいけないんですよね。
彼らが必死で生きようとしていたその勇姿は、
きっと今の若い世代にも響くと思っています。


「昨年の5月下旬から約2ヶ月に渡って行われたタイ、サイパンの全編海外ロケ。
 どんな撮影現場でしたか?


【井上】 ジャングルのなか、猛暑と戦い、
泥まみれになりながらの撮影だったんですが、
そういう環境だったからこそ表現できたものもあると思います。
なかなか体験できないことばかりだったので、
忘れられない現場のひとつになりました。
辛かったのは、(仕事の都合で)サイパンと日本を何度か行き来したこと。
途中で日本に帰国しても、
今、この瞬間もみんながジャングルで戦っている(撮影している)と思うと、
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。




「とても思い入れの深い作品だったわけですね。
 次はこんな作品に出演したいというのはありますか?」


【井上】 この作品に出演した反動かもしれませんが、
思いっきり笑えるコメディとかいいですね。
そして、明るい役をやったあとは、
ものすごく憎たらしい役とかもやってみたいです(笑)。


「最近、プライベートで興味を持っていることはありますか?」


【井上】 最近はお茶にハマっています。
すごく冷え性で冬場のロケがつらいので、
なんとか体質を改善させて冷え性を治したいと思ったのがきっかけですね。
どくだみ茶とか、漢方系のお茶とか、
体にいいといわれるお茶を毎朝飲むようにしています。
まだ始めたばかりなんですけど、いろいろなお茶を試しています。


「休日はどんなふうに過ごしていますか?」


【井上】 普段、なかなかできていないことをまとめてやってしまうか、
もしくは何もしないかのどちらかですね。
これは休みの日にやろう!と決めているものがだんだん溜まってしまって、
やりたいことがありすぎなんです(笑)。
ピラティスとか習い事もしたいし、観たいDVDもたくさんある。
でも、今日は休む!と決めた日は、朝はゆっくり起きて、ご飯を食べて、
お茶をして、犬とお散歩に行って……のんびり過ごしています。



以上。。
なるほど~・・

作品でいっぱい真央ちゃんを観たい!!
でも、、休みもいっぱいあげたい!!!

笑。。



まっちさん☆
真央ちゃんの雑誌情報ありがとうございます。。
楽しみ~だよん!

テーマ: 今日のブログ | ジャンル: ブログ

朝から…☆


今日から
映画『太平洋の奇跡』公開です

真央ちゃん
スタッフ、キャストの皆さん、本当におめでとうございます。

どうかたくさんの方に観ていただけて…
たくさんの方に大切な思いが伝わりますように



ただ…
今日は朝から凄い雪です。
雪に慣れない地域の私たちは、少しバタバタしてます。

また…
雪に悩まされている地域の皆様、
いつも友人や親戚からも連絡が入ってきますが
どうかどうか皆様、無事に春が迎えられますように願っています。



朝から娘っち、、犬みたいにはしゃいでる・・

ガッツ!!☆

もうね、、情報たくさんいただいてるのに・・
今頃やっとPCに向かえています。。
申し訳ない・・。


まなさん☆
まおっこさん☆
シネホリのレポ、、ありがとうございました!!

私もやっと、、観る事ができました!!
感謝!!

そして、、ここで印象に残る部分で、、


「相当厳しかったという情報が入っておりますが、いかがだったですか?」

竹野内さん:暑かったんで、えー、ホントに虫も多かったですし
      まぁ基本的に男性は体力あるんで、井上さんとか…
      まぁでも、体力あるもんね(笑)
真央ちゃん:うふふふふ、体力だけは
竹野内さん:凄いガッツあるんですよ
真央ちゃん:いえいえいえ、そんな

「ガッツ、どういうところで?」

真央ちゃん:でも、私も、兵士の一人になる気持で、挑んでいったので
      でもホントに、男性ばかりの現場で1人だったので
      不安はもちろんあったんですけど、でもその中で銃を持って
      戦いに挑む役ではあったので、
      なんか、追い込もうっていうのが
      役作りと言えば役作りだったのかもしれないです。



うんうん、そう語る真央ちゃん・・
本当に瞳がキラキラしてましたね。
私たちにもビンビンと、やり切った達成感、、伝わりました。




そうそう、、まおっこさん、、
・・平山監督が真央ちゃんの芝居が見事に直球だったと雑誌で語ってくれてる・・
というの、、是非読みたいのです・・。。
昨日、図書館に行ったとき、、「正論」っていう雑誌置いてるの見つけました!!
たぶん、、あれかな?
近いうちチェックします!

あっさんさんも言って下さっていますが、、
本当に、、番宣など全国放送してほしいと思うのが多いですよね。。
全部がチェックできないというのが、、とてももどかしいです。。

いよいよ、、明けて今日、、!!
「太平洋の奇跡」公開です。


みなさま、、どうぞよろしくです~!!




テーマ: 今日のブログ | ジャンル: ブログ

太平洋・・関連☆②

さっき…竹野内さんの『徹子の部屋』観ました。
いろんなインタビューで竹野内さんが語っていますが…
竹野内さんがスペクタクルに描く戦争映画は、避けていたい気持ちがあったけど…
この作品は違っていて…
この作品ならやりたい…
と思われた部分とか、もう少し丁寧にインタビューしてくださったら良かったかな…


でも…戦争を実際に体験された黒柳さんの、
所々で発っせられる感想…泣きそうになるとか…
…に『じーーん』ときます。


…で。

ま~さん☆
早速、番宣情報の追加、ありがとうございました!
ホントだ…凄い
とんでもなく 番宣増えてる~

【TV・ラジオ】

■2/9(水)
NTV「NEWS ZERO」特集

■2/10(木)
NTV「ズームイン!!SUPER」(竹野内豊生出演)

NTV「スッキリ!!」(竹野内豊生出演)

NTV「PON!」(竹野内豊生出演)

NTV「DON!」(竹野内豊生出演)

NTV「情報ライブ ミヤネ屋」(竹野内豊生出演)

NTV「news every.」(竹野内豊生出演)

NTV「NEWS ZERO」特集

■2/11(金)
NTV「金曜特別ロードショー 沈まぬ太陽」(竹野内豊コメント)

NTV「「NEWS ZERO」(竹野内豊生出演)

ニッポン放送「ホリデースペシャル太平洋の奇跡特番」(竹野内豊他)


■2/15(火)
日本テレビ系「NEWS ZERO」特集


「ボクらの時代」2/20(日)
7:00~
フジテレビ系


以上
ありがとうございました





太平洋・・関連☆

まなさん☆
きちんとまとめてくださってありがとうございます!!

■2月11日(金)
ズームイン!!SUPER
インタビュー(竹野内豊・唐沢寿明)
テレ朝 やじうまテレビ!
インタビュー(竹野内豊・唐沢寿明・井上真央)

■2月12日(土)
NHK大阪 ぐるっと関西 おひるまえ 
☆竹野内豊さんインタビュー

■2月20日(日)7時~フジテレビ「ボクらの時代」

■NEWS ZERO
2/9, 2/10, 2/11, 2/15
「太平洋の奇跡」特集コーナーVTR出演


そして・・
もうすぐもうすぐ!!

竹野内さん、ご出演で「徹子の部屋」
始まります!!

テレビ朝日ですよ~!!
13:20~です。。
まっちさん☆情報ありがとう~!!

テーマ: 今日のブログ | ジャンル: ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。